スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[ --/--/-- --:-- ] スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-)

第67期名人戦七番勝負第5局 

第67期名人戦七番勝負第5局を、録画して早送りで見ました。
第5局は先手の郷田九段が勝ち、羽生名人の2勝3敗となりました。



左は封じ手の局面で、既に先手有利となっています。
右は投了図で、玉が詰む段階ではありませんが、大差となりました。
プロ同士では投了図からの逆転は、まず起こりません。

もし右の投了図で私が後手だった場合、
練習将棋なら投げますが、大会なら容易な必至や詰みを喰らうまでは投げません。
一番大きな理由はアマの大会では、持時間が短く、すぐに秒読みになることです。
団体戦で右の局面で投げますと、仲間から非難を浴びると思います。
コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

一歩千金

カレンダー&カテゴリ
ブログ内検索


発売前
発売中
らぶ魔女! ま~まれぇど新作第8弾『星ノ音サンクチュアリ』 『神曲奏界ポリフォニカ F』応援中! 『LOVESICK PUPPIES』を応援しています!

Copyright 2017 一歩千金 All Rights Reserved.

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。